節約 その他

節約に囚われ過ぎてしまうと、つまらない人生になる。

更新日:

 

こんにちは、低所得マンです!

 

私の家は年々節約することが多くなってまして、特に去年の2015年は節約効果がもっとも出たおかげで、過去最高額の貯金を貯めることができた年でした。

ですが、ふと2015年の事を思い返すと、これといった思い出が浮かんで来ないんですよね。

「なんでだろう?」と思っていた時に、年ごとに分けている写真フォルダをふと見てみると、どこにも旅行に行っていなかったことが判明しました!

どの写真を見ても、もう見慣れている地元の写真ばかり。

 

過剰な節約は苦しい

これと言った思い出はない。
しかし、2015年を漢字一文字で表すと「苦」の文字がピッタリに感じます。

節約&節約で無駄なお金は極力使わない!
外食はもちろんほとんど行きませんし、大きな買い物もなにもしていない。

結果的にお金は貯まりましたが、そんな生活ってなんの刺激もない単調な日々が過ぎるだけなので、覇気も無くなって行きます。
友達から飲み会のお誘いも「行けば4,000円くらいお金がかかるなぁ」と考えてしまい断ってしまっていました。

一生こんなに日々節約しないと、家計が苦しくなると感じるなんて、なんか何のために生きてるんだか分からなくなってきます(笑)

まさにつまらない人生ですね。

 

2016年は過度な節約をやめた!

今年は去年の事を反省し、心に余裕がなくなる様な節約はやめました!

旅行にも行きましたし、外食もソコソコ行くようになり楽しいと感じることが増えたので、日々の暮らしにメリハリが付き仕事もやる気が出てきます。

これを書いていて思い出しましたが、去年は会社の上司に「○月までには会社を辞めると思います」と二回言っていました。よほど仕事するのもイヤになっていたんでしょうw

 

まとめ

頑張って節約をすれば、もちろんお金は増えます。
しかしその代わりに心が蝕まれます。確実にw

性格が暗くなるんですよね。

 

今年は去年ほどでは無いですが、貯金もしっかりと貯まっていますし、苦しい節約重視も生活をやめた事でとても開放感がありました。

何事もやりすぎはダメだと、身をもって知ることが出来ました。
もっと長期的に考え、少しづつ無理のない節約を続けることが、心にもお金にも余裕をもたらしてくれます。

 


暮らし上手になる おばあちゃんの知恵袋

 

-節約, その他

Copyright© 低所得マンの生きる知恵 , 2019 All Rights Reserved.